白牡丹の酒づくり 日本酒の銘醸地西条


日本酒の銘醸地西条 気候・米・水

酒はなんといっても、恵まれた土地で相当の日数をかけて、静かに醸し出され貯蔵されたものでなければ、ほんとうのものではありません。
東広島 西条盆地は広島市内から東に約40kmに位置し、この標高約200mの高原盆地は、古くから気候・米・水・造り手に恵まれた日本酒醸造に最適の地です。
冬期には、蒸米を蒸す蒸気が立ち上り、蔵々から醪の香りが道端に漂う、酒都 西条ならではの冬の風物詩となっています。
全国的にも酒造技能の卓越した広島杜氏を中心に、広島流の小味の効いたうまい酒を醸し出しています。
冬場の厳しい冷え込みと早朝の澄み切った大気とに恵まれ、仕込みに適した気候条件が揃っています。