日本酒白牡丹ができるまで 

日本酒白牡丹ができるまで

  • 精米・原料処理

    ■精米 自家精米工場にて、竪型自動精米機で玄米から精米を行い精米歩合を調整します。 仕込用途に合わせた精米歩合(白米重量/玄米重量)まで丁寧な精米を行い、一定の枯らし期間を取り、一粒選りの白米に仕上げ...

  • 麹(こうじ)造り

    蓋麹法による麹造り 麹は、古くから麹蓋で造られます。良い酒は良好な麹によって生まれます。良い麹は、破精込みの良い膨らみのある麹と云われ、冬場でも30°C近い室温の特別な麹室(こうじむろ)で造られます。 ...

  • 酒母仕込・醪(もろみ)仕込

    酒母仕込 安全に醪仕込を行うため、糖濃度の高い醪でも十分に糖分を食いきる優良な清酒酵母を純粋培養します。 水麹時に乳酸を添加し、酸度を上げて清酒酵母以外の雑菌の増殖を抑え、清酒酵母の増殖を促します。...

  • 上槽・ろ過

    上槽 醗酵終了後、醪を圧搾沪過して日本酒と酒粕とに分離します。 通常、連続圧搾機を使用しますが、大吟醸酒や特別なお酒は酒袋を使い丁寧に搾っています。 ろ過 目の粗いろ布で濾した日本酒は、まだ滓(おり:...

  • 火当・調合・詰口

    火当 生酒以外は、約65°Cで加熱殺菌し、タンクに貯蔵し熟成させます。 残存酵素の働きにより、ゆっくりと熟成し日本酒本来の味わいが生まれてきます。 白牡丹では約1年間熟成させます。 調合 原酒を出荷に応じて...